カンブリア宮殿

小宮山誠銀座ルノアール社長の年収や学歴、経歴や出身は?

こんにちは!今回カンブリア宮殿にて、銀座ルノアール社長、小宮山誠さんがご出演なさいます。

銀座ルノアールといえば喫茶室ルノアールやCaféルノアール、ミヤマ珈琲など10ブランドものCaféや喫茶店を展開しています。

全店共通しているのが「おもてなしの心」と「快適空間」ではないでしょうか?

そんな銀座ルノアールは9年連続で増収増益となっています、海外から来たスターバックスや低価格のドトールなどが躍進を続けるなかでそれでも成長を続ける銀座ルノアールの秘密に迫るようです。

今回そんな銀座ルノアールの社長小宮山誠さんについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



小宮山誠のプロフ

引用:https://shachomeikan.jp/presidents/detail/10062857

名前     小宮山誠(こみやままこと)
生年月日   1974年7月2日(45歳)
職歴
1997年:(株)ジョナサン入社
1998年:(株)ジョナサン退社
1988年:銀座ルノアール入社
2006年:(株)ジーアールシー取締役就任(現 花見煎餅)
2010年:第2営業部長
2012年:(株)ビーアンドエム代表取締役社長に就任
2012年:取締役に就任
2014年:常務取締役に就任
2015年:代表取締役就任
2017年:花見煎餅代表取締役、銀座ルノアール代表取締役

年齢から分かるように小宮山誠さんは3代目となります。創業者がが小宮山正九郎、その息子である小宮山文男さんが現会長にして小宮山誠さんの父となります。

家族経営になりますが3代目となる小宮山誠さんの経営手腕が素晴らしいことが分かります。この時代しかも、ライバルが多い都心部にて9年連続の増収、増益となっていますからね。

スポンサードリンク



銀座ルノアール社長小宮山誠の年収は?

ここで気になるにが小宮山誠さんの年収です、銀座ルノアールは上場企業ですから年収が1億円を超える場合は金額が公開されますが現時点での報酬額が1億円を超える者は存在しないようです。

そうなると社長である小宮山誠さんはもちろん、会長である小宮山文男さんも1億円の報酬は無いという事がわかりました。

取締役5人の報酬が1億2714万6千円とありましたので単純に5等分すると一人当たり2500万円くらいとなるようです。

代表取締役社長なので他の役員より多めになっていると思いますが、3000万前後と予想します。

銀座ルノアールは事業再編の為に2013年1月にキーコーヒーの傘下になりました。筆頭株主だった花見煎餅の全株式をキーコーヒー株式会社に譲渡、この時点でキーコーヒーの資本傘下に入る事になりました。

この2社の資本提携はルノアールは出店や商品開発にキーコーヒーのサポートを受けられるのとキーコーヒーは個人喫茶店の弱体化を止めるべくルノアールのノウハウをフィードバックする事ができるというメリットがあります。

そう考えると2013年1月という事は6年前にはキーコーヒーの傘下に入っていたことのなるので9年連続の増収増益にはこの資本提携も力になっているようですね!

スポンサードリンク



銀座ルノアールの人気の秘密は?

引用:https://www.ginza-renoir.co.jp

今や街には絶対に何かしらのCaféや喫茶店があります。その中でも銀座ルノアールはセルフサービス型喫茶店と一線を画した戦略により一定の人気があります。

そんな銀座ルノアールの人気の秘密は何なのか?を紹介していと思います。

銀座ルノアールの人気の秘密はこちら

最近のコメント