マツコの知らない世界

五木のどかの経歴や年収は?枝豆おすすめ3選!豆料理研究家を調査!

こんにちは^ ^

暑い夏には、冷たいビール!

飲みたくなりますよね~^ ^

キンキンに冷えたビールのお供は

やはり”枝豆”ですかね、

枝豆は私大好きでして、

一言で枝豆といっても種類によっては、

美味しさが違います、

ちなみに私はオーソドックスな塩茹でが一番好きです、

枝豆本来の美味さが分かるような気がしますから、

さて、今回そんな枝豆ですが、

マツコの知らない世界にてご紹介されるようです、

いわゆる“枝豆の世界”ですね^ ^

そんな枝豆の世界という事で、ご出演なさるのが、

豆料理研究家の”五木のどか”さんです。

今回は”五木のどか”さんについてご紹介したいと思います^ ^

引用:https://arincoroom.com/3483.html

スポンサードリンク



五木のどかさんのプロフィール

・名前      五木のどか
・出身地   福岡県八女市
・現住     京都市上京区
・職業      豆、豆料理研究家、豆料理アドバイザー

残念ながら年齢までは分からなかったですが50代と思われます、

五木のどかさんは全国にある枝豆300種類を食べ歩いたようで、

枝豆には相当詳しい事が分かります。

そもそも、枝豆にそんなに種類があったんですね!

私たちが食べている枝豆はほんの一握りで、

まだ出会ってない美味しい枝豆がありそうですね!

ちなみに、ご結婚やお子様はいらっしゃるのか?を調べてみましたが、

調査した結果わかりませんでした^^;

テレビを拝見すると、結婚指輪をしていなかったので、

もしかしたら独身なのかもしれませんね。

スポンサードリンク



豆にはまったキッカケは?

数ある食材の中から、五木のどかさんは何故豆にハマったのでしょうか?

元々、五木のどかさんは豆類が大好きだったようですが、

10数年前に福岡県久留米市にある”穀物屋森光商店”を訪れた時に、

棚一面にズラーッと豆が並んでいたそうです、

その中には見た事もないような豆も当然あったようで、

五木のどかさんはまるで動物園みたい!と衝撃を受け、

その棚にある豆を1年以上かけて制覇したようです、

それが、キッカケで豆にハマっていったそうです。

凄いですね!1年以上もかけて豆を制覇するとは(笑)

豆好きだからこそ、できたこと間違いなしですね(笑)

豆料理か~、凄い大変なイメージがあるけどな~

スポンサードリンク



五木のどかさんの年収は?

ここで気になるのが料理研究家五木のどかさんの年収です、

いったいどのくらいなのでしょうか?

実は五木のどかさんは多岐にわたる仕事をしています、

どこかに勤めている会社員ではなく、個人事業主として

活動しています、個人事業主なので会社は興していないようですが、

自分の働きがそのまま出るのが個人事業主ですね!

豆料理研究家の傍ら、執筆活動もしています、

毎日新聞、朝日新聞、豆類時報、禅の友、おいしい週末、豆コラム

などかなりの数の執筆活動をしています、

五木のどかさんは、新聞などにも執筆なさるほどの信用がある方ですので

年収は350~450万くらいではないか?と思います。

あくまで予想ですが、、、、。

スポンサードリンク



この夏おすすめ枝豆3選!

1、新潟産朝取り茶豆

引用:https://shop.ng-life.jp/nozaki/0080-001/

枝豆の中でも特に美味しいとされている茶豆、朝取りの新鮮な茶豆を味わえます。

2、秋田産園部農園 枝豆 朝摘み

引用:https://www.amazon.co.jp/

秋田産の朝摘みは新鮮で美味しい!

3、令和元年度産!朝採りだだちゃ豆

引用:https://www.oisix.com/shop.gift2–Wsc1-hakusan-dadachamame__html.htm

甘味が強く美味しい枝豆です!

スポンサードリンク



まとめ

豆に魅了された五木のどかさん、これからも豆の魅力を

私たちに届けてくれることでしょう!

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

8月13日放送月刊ムーの世界 漫画家石原誠の経歴が面白い!

 

 

 

最近のコメント