マツコの知らない世界

井上こん(やわうどん)経歴や年収や年齢、彼氏を調査!可愛いと評判!

スポンサードリンク



皆さんうどんライターの「井上こん」さんをご存知でしょうか?

井上こんさんはうどんをこよなく愛するライターになります

築地うどん大使や西武線沿線うどんラリー2018アドバイザーなど

してきた井上こんさん、

今回、「マツコの知らない世界」にてうどんの世界を紹介ようです

実は井上こんさんのテレビ出演は以前にもありまして

「波瀾爆笑」「車あるんですけど・・・?」にも

出演しました。

今回はそんなうどんライター「井上こん」さんについてご紹介したいと思います

スポンサードリンク



井上こんのプロフィール

引用:https://www.kaeru-abematv.jp/buyer005_inoue/

・名前   井上こん
・出身地  福岡県
・生年月日 1986年
・職業   フリーライター

2013年頃からライターとして本格的に活動している

井上こんさん、今から6年前なので当時は26歳くらいですね

やわうどんがオススメ

今回出演するのは、「やわうどん」のご紹介のようです

最近、少しづつ「ブーム」になりつつある

やわうどん

その名の通り、コシがあるうどんではなく

コシがなく柔らか~いうどんになります

特徴はやはり口に入った瞬間「スッと」無くなるような感覚

歯ごたえの食感よりも「無くなる柔らかい食感」のようです

うどんのおいしさを表現するうえで「コシ」が使われていますが

その真逆のようです

私個人の見解ですが、

近年、マルちゃん正麺などの柔らかい麺がに人気となり

その進化系がこの「やわうどん」ではないか?と思います

スポンサードリンク



井上こんは何故うどんが好き?

引用:http://hash.city.fukuoka.lg.jp/news/archives/152.html

 

ここで気になるのが

何故うどんが好きなのか?という事ですが

色々調査してみたらどうやら幼少の頃から

うどんを沢山食べていたのではないか?と思います

というのも、井上こんさんが出身地の福岡県、特に博多は

うどん伝来の地のようです

その歴史はかなり遡り、なんと1243年頃、

776年前w

かなりの歴史です、、、、。

しかし、当時は今のような形ではなく

現在のワンタンに近いような感じだったようです

その後鎌村時代末期に現在のうどんの形になったようです

そうだったんですね~

福岡は博多うどんをはじめ現在も多くお店がありますから

井上こんさんが「うどん大好き」になったとしても不思議ではありませんね

もしかしたら「やわうどん」は776年前のような

柔らか~いうどんの原点回帰かもしれませんね~

スポンサードリンク



井上こんの年収は?

ここで気になるのが井上こんさんの年収ですね

フリーライターはどのくらい収入になるのでしょうか?

フリーの場合は月契約の場合もあれば案件事の契約に

なるようで、どちらかといえば「案件」のようです

平均年収は300万と少し厳しい世界のようですが

ピンキリなのは確かです

1記事数千円の方もいれば1記事数万、数十万の方もいます

記事の質にもよりますが。「知名度」も少なからずありそうですね

そう考えると、「食」のライターの井上こんさんはこれから

テレビにどんどん出演しそうなんで

年収も上昇しそうですね!

スポンサードリンク



まとめ

フリーライターの井上こんさんはうどん大好き

その中でも「やわうどん」がおすすめ

うどんの地福岡出身

以上!

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

 

 

最近のコメント