じっくり聞いタロウ

廣瀬伸恵社長(建設会社大伸ワークサポート)元総長、経歴やプロフは?

犯罪を犯すと法に裁かれるのは当然ですね、中には刑務所に入る方もいます。

軽犯罪などであれば、数年で出所するのは珍しくありません

しかし再犯をしてしまう確率は約70%以上というのも事実、

その背景には、「仕事」が重要視されています、この再犯と仕事の関係、一見関係なさそうで関係があるようです。

再犯する方たちのほとんどは「無職」が多いそうです、出所後は所持金も少なく、身元引受人がいない場合、住所を持てず働きたくても働けない、ご飯や家もない状態ですので再犯し刑務所に入るケースが多いようです。

だからこそ「仕事」「再犯」は関係があるということになります。

しかし、1度罪を犯してしまうと、中々就職は困難なのは事実です、そんな元受刑者を積極的に受け入れている会社があるようです。

その会社は栃木県にある建設会社「大伸ワークサポート」という会社です、この会社の廣瀬伸恵社長も実は刑務所に入った経験がある方のようです。

かつて、暴走族のリーダーだった広瀬伸恵社長は集団リンチで捕まりました、しかしその後更生し今にいたります。

廣瀬伸恵社長は「捕まっていなかったら今も続けていた」と言っていました。

(ん~なるほどですね~再犯が多いのは自分たちの生活や将来の不安からくるものが多いのですね、、、、罪を償ったあともしんどい生活となると精神的にもまいってしまいますしね、、、、。)

そんな廣瀬伸恵社長が今回「じっくり聞いタロウ」にご出演なさるそうです。どんな話が出てくるのか楽しみですね!

 

スポンサードリンク



居住も完備

この会社の素晴らしいところは居住も完備されていようです、しっかりとプライベートも確保されているようですし、元受刑者にはありがたいことですね。

(確かに住所がないので住むこともできないし借りれないとなると大変ですからね、しかも最初はお金もないので助かりますね、なによりも孤独ではないと思います、人と人が繋がる空間は大切ですね!)

しかも、「必ず」夕食は皆で食べることに廣瀬伸恵社長はこだわっているそうです。

(ん~家庭的なつながりを持つのは良いことですね!)

スポンサードリンク



少年少女の再犯率は過去最悪

少年少女の検挙の数は年々下がってきています、しかし「再犯」となるとその率は上昇傾向にあるようです。

その大きな理由の一つは「周囲との関係」だそうです、先輩や仲間といった同じような不良グループとの関係を断ち切れないと「再犯」に流されてしまうようです。

この関係の断ち切りをするにはやはり、「環境を変える」のが1番のようでそう考えると廣瀬伸恵社長の元は正に更生に最適な場所ではないか、と思います。

これから犯罪が0になるのは考えにくいですが、出所して再犯の防止になる「仕事」「環境」「将来」を支援している廣瀬伸恵社長は素晴らしいと思います!もちろん、自身の経験があったからこそだとは思いますが、その経験が元受刑者の気持ちが分かる社長として人気があるのでしょうね!

さいごまでお付き合いくださりありがとうございました!

最近のコメント