激レアさん

古田貴之AIロボット第一人者ガリガリに痩せる理由?難病で余命8年、経歴やプロフ「激レアさん」

近年AIロボットが普及しはじめ、自動運転など私たちの生活でもどんどん浸透してきていますね。そんなAIロボットの第一人者として有名なのが「古田貴之」さんです。古田貴之さんは研究に没頭するあまり体重が減り、ガリガリになってしまうようです。

(何もそんなになるまで研究しなくても、、、、と思いますがそのような方がいるおかげで日々AIは進化していますし、私たちの生活も豊になっていっていますからね!)

そんな古田貴之さんですが、今回放送の「激レアさん」にご出演なさるそうなのでご紹介したいと思います!

引用:http://kimamana-topic.com/6648.html

スポンサードリンク



古田貴之さんのプロフと経歴

・名前   古田貴之(ふるたたかゆき)
・生年月日 1968年
・出身地  東京都
・身長   190㎝
・体重   47キロ
・職業   千葉工学大学ロボット技術研究センターfuRo所長

古田貴之さんは幼少の頃インドで過ごしたそうです、父親がお医者様なんですがその関係でしょうか?そんな古田貴之さんは幼少時鉄腕アトムのアニメを見て天馬博士にあこがれたようです。天馬博士はロボット博士ですね!

(しかし普通は鉄腕アトムにあこがれたりヒーローになりたいものですが、幼少からすでに見るところが違いますね(笑)しかも現在は実際にロボット作ってますからね、凄いな。)

そんな、幼少期を過ごしていた古田貴之さんですが14歳の時に難病にかかってしまいます、その病気は脊髄の病気だったようで下半身はマヒしてしまい車いすが手放せない状態となりさらに余命8年という宣告を受けてしまいます。

(14歳にはあまりにも残酷な出来事ですね、その年頃ですと色々考えこんでしまいますし不安は相当なものだったと思います)

しかし、その後古田貴之さんは奇跡の復活を遂げます!なんと余命8年と言われていた難病を克服しました!

(いや~良かったです!人間の生命力はやはり神秘的なものがありますね!)

その後、青山学院工学部に入学します、1996年に青山学院大学院理工学化研究科機械工学専攻博士後期課程を途中退学し同大学機械工学科助手を務めます。4年後の2000年には博士を取得します。

(この途中で退学したのは何故なんでしょうか?4年後には博士になっていますが、、、このあたりも番組でお話しするのか?気になりますね!)

その後古田貴之さんは2003年6月より千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長に就任します。

スポンサードリンク



古田貴之さんが痩せる理由は?

ここで気になるのがやはり痩せる理由ですね!なんでもロボット研究に没頭してしまうと1カ月の睡眠時間が10時間を切ってしまうようです!

(やばー!1カ月ですよ、1カ月!1日20分しか寝てないことになりますよ!短時間睡眠とかありますが、そんなレベルじゃないですね!私なんか5時間切ると全然ダメダメになってしまうのに、、、)

190㎝の身長に47キロという体重ですが、AIロボット第一号を開発したときは体重が90キロあったのが47キロになっていたそうです。

人間生きていけるのか?のような睡眠時間ですが、人間何かに没頭してしまうと睡眠も忘れるんですかね、しかし、古田貴之さんは14歳で難病にかかった経験がありますので健康には気を使ってほしいですね。

免疫も下がりそうですから心配ですね、、、、しかし実は寝不足のほうが一般的には太りやすいようです、睡眠中に基礎代謝である呼吸をしたり内蔵を動かしたり体温を調整したりと生きているだけでの消費カロリーです。睡眠不足になるとこの基礎代謝が落ちますので太りやすいようです。

(確かに基礎代謝が高い若い時はいつまでも寝れますからね、しかも深夜にお菓子なんか食べてまうと余計に、、、太る、、。このことから古田貴之さんは睡眠もそうですが食べてないのもあるかもしれませんね)

スポンサードリンク



まとめ

いかがでしょうか?研究に没頭するあまり痩せてしまった古田貴之さん、その理由は日本の明るい未来のために、と自分の好きな事に打ち込める少年のような心で今も研究しているのですね!

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

インドアのプログラマーなのに世界トップクラスの握力を手に入れてしまった激レアさん 新沼大樹さん

最近のコメント