プロフェッショナル仕事の流儀

天野惠子医師経歴やプロフがヤバイ!病院の場所は?性差別医療(プロフェショナル仕事の流儀)

天野惠子医師をご存じでしょうか?

天野惠子医師は日本における性差別のスペシャリストです、専門は循環器で天野惠子医師の元には、男性医師では見逃されてきた微小血管狭心症や線維筋痛症、更年期障害、月経困難症などに苦しむ女性患者が全国から訪れます。

(患者を男性女性とあえて分けて考える事により、女性特有の悩みや、見つけにくかった症状を見つけられるんですね!やはり同じ女性という事で共感できたり女性ならではの視点があるのでしょう)

なんでも、診療前は症状についての長い経歴を文章をFAXで送ることから始まるようです、初診は30分以上かけて行うそうです。最後まで責任をもって取り組む姿勢で治療は東洋と西洋の長所を取り入れた治療のようです。

(30分も話や症状を聞いてくれるのはありがたいですね!早いところだと5分しないで終わりなんてこともありますからね!その点を考えると天野惠子医師は親身になって聞いてくれるのと真剣に治したいと思っているのが伝わってきますね!)

今回はそんな天野惠子医師がプロフェッショナル仕事の流儀にご出演なさるそうです。

引用:https://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/kakkyokusinryouka/tokubetsu_gairai/joseitokubetsugairai.html

スポンサードリンク



天野惠子医師のプロフと経歴

・名前   天野惠子(あまのけいこ)
・学歴
1967年 東京大学卒
1967年 インターン東京大学医学部附属病院
1968年 内科レジデントNew York Infirmayy
1970年 循環器フェロー Royal Victoria Hospital
1974年 東京大学第二内科
1988年 東京大学保健センター講師
1994年 東京水産大学保健管理センター教授・所長
1996年 東京大学医学部非常勤講師
2002年 千葉県衛生研究所所長 兼 千葉県立東金病院副医院長
2004年 鹿児島県大学医学部非常勤講師
2005年 秋田大学医学部非常勤講師
2009年 静風荘病院特別顧問
2011年 千葉大学大学院薬学部研究院客員教授

(凄いの一言ですね!東京大学卒業から海外に行き、更に日本に戻ってきてからも全国色々なところに行ってますね!ここまでの経歴は凄いの一言に尽きます、更にここまで求められている医師とは、、、)

男性と女性とは同じ人間でも症状や病気、治療法は違うのではないか?と天野惠子医師は言い続けていたそうです、アメリカでは性差別が進んでいるようですね。

日本では天野惠子医師がその第一人者といっても過言ではないようです、

スポンサードリンク



女性と男性の違いはあるのか?

実際に男性と女性の違いはあるのか?といったことですが、調べる限りは「ある」と思いました。

具体的には性差別いよるかかりやすい病気があるようです、女性はあまりかからないのに、男性はかかる、男性がかからないのに、女性がかかる、といったことはあるようです。

性差が大きい病気として男性は、痛風やアルコール肝炎、膀胱がん、心筋梗塞、尿路結石、慢性閉鎖性肺疾患、胃がん、呼吸器系です、

これらを見ると、男性は「生活習慣病」に関する病気が多いようです、アルコールなんてまさにそうですよね。そのほか、肝臓や痛風なんかもお酒が原因のようです。

では、女性はどうなのか?とういうと、骨粗鬆症、甲状腺炎、膀胱炎、全身性エリテマトーデス、鉄欠乏性貧血、自律神経障害、などなど、、、

こう見ると女性の場合は女性ホルモンのバランスや本来人間が自己防衛のために外的のウイルスから守るはずが自身の健康な細胞を攻撃してしまうなどの働きになってしまったりという病気で、原因は分からい事が多いようです。

(ん~なるほど~、確かにこう見ると、女性と男性はかかりやすい病気が違うにが分かりますね!男性の場合は日々の自身の管理をしっかりすれば改善や予防はできそうですが、女性の場合はまた違うので自分が気を付けていてもどうする事もできないですからね、、、、。)

スポンサードリンク



天野惠子医師に診てもらうには?病院はどこ?

天野惠子医師に診ていただくには予約が必要のようです、そんな天野惠子医師が現在勤務しているのが、埼玉県にある静風荘病院になります。

女性ならではの症状を女性ならではの目線でしっかり対処してくれる医師はそうそういません、全国から予約が入るようでその人気やどうにかしてほしい患者さんが沢山いるのが分かります。

これからも多くの患者さんを救っていくことでしょう!

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

 

最近のコメント