トレンドニュース

藤村龍至(建築家)ヤバイ年収やプロフ(AIマンションとは?)

私たちの周りに何かとこれから浸透して来るAI。

前回はこちらのAI彼女の記事やマイクロチップの記事を書きました。

今回はAIマンションについて書いていこうと思います。

そして「人間て何だ?超AI入門シリーズ3▽AIが暮らしを変える▽顔認証技術は今どこ」で紹介されます。

ゲストとして、建築家の藤村龍至(ふじむらりゅうじ)さんが出演なさりますので、合わせて書いていこうと思います。

藤村龍至のプロフと経歴

引用:https://www.axismag.jp/posts/2018/08/99318.html

・名前   藤村龍至(ふじむらりゅうじ)
・生年月日 1976/12/17
・出身校  東京都工業大学
・職業   建築家

藤村さんは東京大学、ブリティッシュコロンビア大学、首都大学東京、日本女子大学で非常勤講師を勤めたのち

2010年から東洋大学にて専任講師、2016年から東京芸術大学にて准教授となります。

スポンサードリンク



主な作品はこちらをご覧ください

1、2005年 UTSUWA
2、2008年 BUILDING
3、2009年 東京郊外の家
4、2009年 BUILDING T
5、2010年 HOUSING S

引用:http://world-architects.blogspot.com/2014/08/RyujiFujimura-Apartment-N.html

どれも、スタイリッシュでかっこいいデザインですね。

こんな家などに住んでみたいものです。

スポンサードリンク



藤村さんの年収は?

さてここで気になるのが、藤村さんの年収です。

色々調べてみたのですが、見当たらなかったです。

しかし、建築家や建築士の年収を調べましたのでここから推測していきたいと思います。

建築士は1級、2級とあるようです。

1級建築士 644万
2級建築士 480万

1級2級はこのような感じですが、勤めている会社でも少し違うようです。

しかし、1級の方のほうがもちろん高くなります。

藤村さんの場合、建築家としての地位を築いていますし、

大学の准教授でもありますので、2000万は超えるのではないかと思います。

スポンサードリンク



AIマンションとは?

引用:https://twitter.com/utynews/status/857174694939774976

AIマンションとは、その名のとうりAIが活用されたマンションです。

具体的には、人がやるべき行動を自動でやってくれるマンションです。

自動的にカーテンが開いたり、電気が付くのは当たり前で住んでいる人の行動パターンを自動学習し生活の手助けをしてくれます。

もちろん掃除も自動的に時間をみてやってくれたりと、声や仕草で感知して動いてくれるようです。

そのためには、当然行動パターンが必要なのでカメラは家のあちこちにあります。声も拾いますからマイクもあります。

引用:https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/101701382/

監視されているような感じもあるかもしれませんが、

これから高齢化社会に向けて必ず必要な時代となってきます。

引用:https://media.tousee.jp/knowledge/risk-of-real-estate-investment-5/

介護の手助けがになるのはもちろん何かあった時にもすぐに対応ができます。

まだ値段が高いようですが遠くない未来にはAIマンションが当たり前になっているかもしれませんね。

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

最近のコメント