トレンドニュース

スプレータンニングの料金や持続は?(マツコ会議)セルフも可能

今回は、焼かずに焼ける?「スプレータンニング」についてご紹介したいと思います。

今話題のようで「マツコ会議」にてご紹介されるようです。

1990年〜2000年までいわゆる「日焼け」がブームとなったのはご存知かと思います。

「ガングロ」などが流行り男女共にいかに「黒いか」でかっこよさや可愛さのパロメーター的な感じでした。

しかし、この「焼く」ろいう行為、

もちろんリスクがあります、

いわゆる日焼けですので、シミや肌の荒れに繋がるのは言うまでもありません。

いつしか流行りもなくなり今や真逆の「白さ」が求められています。

そんな「今」また、日焼けが流行り出しています。

しかし、以前のように本当に焼いてしまうと「シミ」なども原因となるため、

「スプレータンニング」が台頭してきたようです。

スポンサードリンク



スプレーターニングとは何?

引用:https://twitter.com/luxy_bronze

現在、日本では「色白」が可愛いや綺麗とされていますが、

欧米では「日焼け」=「セクシー」とされています。

これは日本と海外の「美」に対する違いが大きいと思います。

引用:https://www.femmy-c.com/shimi_top/column/1705/

よく欧米の方々が日本に来て衝撃を受けるのは「日傘をさしている」ことらしいです。

日本人は「異常」なほど紫外線対策や日に焼けることを嫌うと海外では認識されているようです。

そもそも「そばかす」や「シミ」は日本人は嫌いますが、

海外ではそんな肌を健康的でセクシーと捉えられます。

引用:https://www.pinterest.jp/pin/760052874591388060/

海外では白すぎる肌は「不健康」と捉えられるようです、

海外のモデルさんやハリウッドスターの方々もどこかバカンス感を感じる程よい「日焼け感」があリますね、

ただ海外でも「焼く」行為は近年「皮膚ガン」のリスクもあることから、

「タンニングローション」(褐色色のローション)やワントーン暗いファンデーションが多いようです。

その最先端が「スプレーターニング」となります。

日本ですと、ボデイビルなどの方が大会などで出るときに肌が褐色にして出場しますが

そんな感じに「焼かず」になれると言うことです。

専用リキッドを身体に吹きかけそのリキッドに含まれる「糖質」が角質層のアミノ酸に反応し

角質が茶色になる「まるで日焼け」したかのようにするようです。

肌への負担やリスクを考えると安全。安心であることは間違いありません。

持ちは1週間ほどですので、元に戻ると考えれば夏は流行りそうですね!

スポンサードリンク



専門店にて施術

ではどのようにするのか?となると、

これは自分でやるのではなく、専門店にての施術のようです。

引用:https://bellissime.jp/spraytanning

やはり、いくらスプレーで吹きかけるとはいえ「ムラ」が出たりしてしまうと

1週間は落ちません、

しかも失敗が顔でもししたらと思うとぞっとします笑

一例ではありますがこんな感じで施術するようです。

施術前は「ムダ毛」や「古い角質」を落としてから当日を迎えてほしいようです、

しかも当日は「クリーム」などはNG、

洋服も「黒系」が良いとのことです。

これはやはり洋服に当日擦れてしまうと「ムラ」の原因になるのではないか?

と考えられます。

それと肌がもともと真っ白な方だと少し「反応」に時間がかかるようです、

引用:https://www.transderma.jp/blog/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-%E4%BF%83%E9%80%B2/

これは肌に色をつけるという考えではなく「反応」により褐色になっていくので当然「個人差」が出ると思われます。

肌が白い方の場合再度3日以内にやるのが良いようです。

通常の方は48時間かけてじっくりと変わっていくようです。

ただ裸で受けなくても「あえて」水着で受けて「水着後」を作るのも良いみたいです。

スポンサードリンク



気になるお値段は?

そこで気になるお値段ですが

・全身をする場合(¥8000〜10000)
・部分的の場合 (¥6000〜8000)
・2回セットの場合(¥12000〜16000)

が相場のようです。

持ちが1週間と考えると全身の場合1ヶ月で約¥40000はするようですね。

ん〜、夏限定と考えれば安い?のかな?

ただお肌にかかる負担など考えると日焼けよりはリスクがかからないので安心で楽しめますね。

専門店がない場合は?

専門店が住まいのお近くにない場合もあります。

まだ「日サロ」のようにどこにでもあるわけではなさそうです。

もちろん東京はじめ都心部になればなるほどありますが、

田舎や都会でも無い場合があります。その場合はどうするのか?

ご安心ください、「タンニングジェル」というものがあります。

効果は一緒ですが、スプレーではなく「ジェル」ですのでご自分でもやりやすいと思います。

一部ですが人気がある商品をご紹介しておきます。

まとめ

今話題のスプレータンニングは肌を健康的な褐色に見せるものだった。

しかも「反応」により変わっていくので「色を塗る」とは違い1週間持つと言われている。

専門店が無い場合はご自分で「塗る」ジェルがあります。

これからが夏本番!肌が小麦色の方が今年は増えるのでは無いでしょうか?

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

令和元年!無料12星座占い

最近のコメント